FX投資のレバレッジについて

今回は、FX投資のレバレッジについて少し深く解説しますね。

「FXとは?」から当サイトを読んでいただいた方は、何となくは理解できていると思いますが、今回はより深くレバレッジについてのお話です。

FX投資は自分の自己資金以上に取引できるようになるのが最大のメリットですが、これは自分の自己資金をFX会社やFX業者と呼ばれるところに証拠金として担保にし預ける為、それ以上の取引ができるようになります。

ある意味で証拠金は「人質」のようなもので、何かあったらFX会社に没収される感じのイメージで問題ないですが、「何かとは!?」大きな損失を意味します。

これをレバレッジと呼び「てこ」という意味合いがあり、「てこの原理」は小さな力で大きなモノを動かすということですがこれと同じです。

レバレッジの倍率は、1倍から最大25倍までで自己資金が10万円なら最大250万円まで動かすことができるということになります。

ここで具体的にレバレッジ25倍の為替変動による利益と損益の計算してみましょう

レバレッジの損益計算の例

自分の自己資金の10万円を証拠金として預け、レバレッジ25倍に設定した場合

1ドル100円とし250万円分購入し、ドルが102円になったので円を買い戻したら255万円で売れましたので2、55万円ー250万円は5万円   5万円の為替差益が出ました

10万円の自己資金に対して5万円の利益は大きいですね! 

逆に1ドル100円とし250万円分を買い98円になったので売った場合は ー5万円 の為替差損が発生

レバレッジ25倍の設定はハイリスクハイリターンのFX投資方法になります。

ローリスクにするにはレバレッジを5倍に設定しましょう!

同じように
1ドル100円とし250万円分購入し、ドルが102円になったので円を買い戻したら255万円で売れましたので、25倍の1/5なので1万円の利益になります。

損失も同じで―1万円になるということです。

このようにFX投資はその状況に合わせレバレッジを1倍から25倍まで自由に設定することができるのでリスクコントロールも可能ということですね。

関連ページ

猿でも稼ぐお小遣い|簡単なお金の稼ぎ方(お小遣い稼ぎ)