円高円安とは何?

円高円安とは

まずはわかりやすい話から円安円高についてお話します。

オークションのセカイモンってご存知ですか?

世界中のどこの国の出品物でも落札できるオークションなんですが為替レートが1ドル100円(円安の場合)の時にアメリカの人形を落札したい場合にその落札金額は10ドルなら日本円で1000円で落札できますが為替レートが1ドル80円(円高の場合)なら日本円で800円で落札でき同じ商品でも為替レート次第では非常にお得な買い物ができるのです。

円高の時は海外の商品が安く購入でき円安の時は高く購入することになるのです。輸入、輸出にも影響するものです。

円高円安を更に詳しく覚えよう!

更に詳しく円高円安について

最近、円高ドル安という言葉を毎日ニュースで聞いていますがこれは円の価値が上がってドルの価値が下がっているという意味で逆に円安ドル高は円の価値が下がってドルの価値が上がったということです。

例えば、アメリカで1ドルで販売しているお菓子を買うと仮定しますが為替レートが1ドル100円ならそのお菓子は日本円で100円で買うことができるということですが、為替レートが1ドル120円になったらその1ドルのお菓子を買うには日本円で120円出さなければ買うことができません。

これは円の価値が下がってドルの価値が上がったということですので円安ドル高ということです。

日本で販売されている商品は、全体的に輸入された商品が多いので為替レートが変動することで私たちの生活にも大きく影響されてきます。

最近は円の価値が高いので輸入品は、安く購入することができるためデフレ傾向(商品が安く購入できること)にありましたが今後、円安ドル高が進むにつれて、輸入品の価格は高くなるので日本の物価は全体的に価格が上がってくるインフレ傾向(商品が高く購入することになる)になるということです。

輸出企業と輸入企業に影響?

円高円安は輸入企業や輸出企業にプラスかマイナスか?

チョコレート1つで20円の価格差が出てしまうように輸入会社は非常に利益を出しにくい状態になりますが日本の商品は輸出企業が多いという側面もありますので自動車産業や海外に輸出している企業には恩恵があります。

自動車はもともとの価格が高いので例えば1台1万ドルの自動車をアメリカに販売した場合は、為替レートが1ドル100円(円高)ならば100万円ですが1ドル120円(円安)なら120万円を手にすることができるということになります。

円安は輸入企業にはマイナスでダメージが大きいですが輸出企業にとってみればプラスの恩恵があるということになりますね!

円高は1ドルいくらとか円安は1ドルいくらなんて定義はありませんが現在のドル円相場に対してどのように為替レートが動いたかということで円安方向とか円高方向なんて認識で問題ないです。

関連ページ

猿でも稼ぐお小遣い|簡単なお金の稼ぎ方(お小遣い稼ぎ)