通貨の特徴と種類について

通貨(外貨)の種類

今回は取引するうえで必要な情報として通貨(外貨)の種類と特徴についてのお話です。

FXで儲ける為には、スワップポイントか、為替差益狙いでありますが、どちらにも必要な知識として通貨の特徴というものがあります。

通貨の特徴とは、金利は高いのでスワップポイントが多くもらえるが、為替レートの動きが激しいので為替差損(損失)を生みやすいとか、初心者が扱いやすい通貨とかいろいろ通貨により特徴がありますので、このあたりの知識を少しだけ深めていきましょう!

まずは、主な通貨は皆さんも聞いたことはあると思いますが

米ドル ユーロ 英ポンド スイスフラン 豪ドル カナダドル 南アフリカランド

などが主な世界の通貨になりFX投資もほとんどこれらの通貨で取引を行います。

通貨(外貨)の特徴

  通貨の名称        通貨の特徴
米ドル
(USD)
 米ドルはFX初心者が扱いやすい通貨として有名ですが取引高も世界最大です。

取引高か世界最大なので世界に与える影響も大きくFX投資するうえで無視できない存在です。

米ドルはアメリカの為替介入、金利政策、景気動向、GDP、貿易収支、雇用統計などに影響を受けやすく発表時間には特に注意する必要があります。

ユーロ
(EUR)
最近はギリシャ危機などでユーロ安で有名ですが世界で2番目の取引高でEU(欧州連合)加盟国の17ヵ国で採用されている通貨です。

ユーロは米ドルの動向ソブリンリスクなどで影響を受けやすく日本時間の夜の為替レートの変動は激しいのでFX初心者は避けておきましょう。

英ポンド
(GBP)
イギリスの通貨である英ポンドは市場規模が小さく変動が大きいので短期的に大きく稼げるか大きく損失をだすかの可能性が大きくハイリスクハイリターンの通貨と言えます。

比較的に金利は高めで金利政策、原油の価格に影響を受けやすい通貨です。

スイスフラン
(CHF)
 スイスフランは世界で最も安定した通貨で金利が非常に低いのでスワップ目的には適していません。

スイスフランは金相場、世界情勢、経済指標、、失業率、貿易収支などに影響を受けやすく中立国なので地政学的なリスクが少ない通貨です。

豪ドル
(AUD)
 オーストラリア連邦の通貨である豪ドル金利が高く経済も安定している為に長期保有に向いているのでスワップを狙う投資家が多いですが為替相場の変動が大きくハイリターンハイリスクの通貨です。

豪ドルはアジア経済や原油、金相場の影響を受けやすいです。

カナダドル
(CAD)
カナダドルは変動が小さくリスクの少ない通貨で長期保有に向いています。

カナダドルはアメリカの経済状況や商品相場の変動に影響されやすい通貨でリスク分散にも良い通貨です。

南アフリカランド(ZAR)  ハイリスクハイリターンの通貨ですが金利が異常に高く人気がある通貨で地政学的なリスク不安はあります。金産出国として世界1の為に金相場の影響を非常に受けやすくスワップ狙いで大きく稼ぐ可能性は高いです。

周辺国の戦争や政治状況には注意が必要です。

関連ページ

猿でも稼ぐお小遣い|簡単なお金の稼ぎ方(お小遣い稼ぎ)