投資信託でお金を積み立てる

老後に投資信託

老後への備えをどうするかは、誰にとっても重大な関心ごととなります。

そして、老後に備えて貯蓄に励む人も多いといわれます。

しかし、預貯金だけでは効率よくお金を増やすことができないので、老後に向けて投資をスタートする人も増えているのです。

しかし、いきなり大金をつぎ込んでしまうことは危険なので、少しづつ投資資金を増やしていくことを考えるといいでしょう。

そんな観点から、投資信託を始める人も増えているのです。

たとえば、毎月1万円づつ投資信託の積立をおこなうのもいいでしょう。

このくらいならば、あまり負担はなく、そして、長い間続けていれば、気がついたら大きな金額になっていたという結果になるのです。

毎月一定金額を積み立てる方法は、リスクを分散させるという意味でも有効な方法だといえます。

たとえば、まとまった金額を投資して株などを購入してしまうと、その後の株価などが気になってしまいます。

また、株価が大幅に下がってしまい、結果的に損失を出してしまうこともあります。

こういったことは誰でも避けたいのです。

しかし、毎月一定金額を積み立てるのはドルコスト平均法と呼ばれ、この場合、営業日には毎日購入することになります。

そして、価格が高い場合には少なく、その反対に価格が安い場合には多く購入することになります。

投資信託の積立というものは、このドルコスト平均法にあたります。

したがって、リスクを抑えながら、投資商品を購入することができるのです。

外貨預金でも、外貨積立というものがあり、これも、毎月一定金額で外貨を購入することになります。

そして、この場合でも、ドルコスト平均法が用いられるのです。

一度にたくさんの外貨を購入してしまうと、その後の為替リスクの変動に耐えきれなくなることもあります。

外貨預金の積み立てシステムを利用すれば、日本円の預貯金以外の財産をコツコツと形成できるようになるのです。

投資信託にしろ、外貨預金の積み立てにしろ、老後になれば大きな財産となります。

こういったものは、若いうちから始めたほうが得だといえます。余裕のある老後のためにも、早いうちから手を打つといいでしょう。

【関連ページ】
【お金】に関する時事ネタ!
金融市場でお小遣い稼ぎ
携帯キャリア決済で即日入金する方法

猿でも稼ぐお小遣い|簡単なお金の稼ぎ方(お小遣い稼ぎ)

スマホなどのモバイルで閲覧している人は、サイドバーをクリックすると関連記事が表示されますよ♪