モンテカルロ法で稼ぐ!?

「モンテカルロ法」について、詳細などを解説していきますね。

ユニークな方法のように感じますが、カジノゲームの攻略法の1つです。

配当が3倍以上もしくは、確率が3分の1の賭けに有効と言われています。また、モンテカルロ法の名前の由来は、モナコ王国にあるモンテカルロというカジノを破産に追い込んだ、という説から「モンテカルロ法」と付けられたようです。一緒に確認していきましょう。

初心者にオススメ!ベラジョンカジノ

モンテカルロ法の特徴は?

モンテカルロ法の特徴は?

1度勝つ→負けた分の損失を取り戻して儲けを出す、という考えではなく『一通りの流れが終了した時点での最終的な利益を出す』という考え方です。

賭け金をある規則に従って進めていくので、一通り終わってから結果が分かるというのが特徴です。トータルでの利益がどうだったか?という、モンテカルロ法独特の攻略法です。

モンテカルロ法の具体的なやり方は?

具体的なやり方は?

上記でも触れましたが、モンテカルロ法はある規則に従って進めていきます。

数字の「1・2・3」が基本となるので覚えておきましょう。また、少しややこしいので最初は紙に書きながら計算すると分かりやすいですよ。

1.一番小さい単位で賭ける金額を決める
2.一番小さい単位の2倍・3倍の金額を出し、1.の数字と並べて3つの数字を作り、並べる

3.数字の両端同士を足した金額を賭ける
4.負けた場合→右端の数字に+1をして、数字を追加する・勝った場合→両端の数字を2つずつ消す(配当3倍の場合。2倍なら1つずつ消します)
※数字が1つになったり、全てなくなると最初に戻ってやり直します。

これが、基本的な流れなのですが、これだけでは分かりにくいので例題で見てみましょう。

【例題】
※配当3倍のゲーム。分かりやすく1円単位で書きますね。100円なら×100・1,000円なら×1,000で当てはめて下さい。

①1・2・3と横一列に書く(1.2.の作業)

②両端の数字を足して(1+3)=「4」を賭ける(3.の作業)

③勝った場合:1・2・3の数字が全部消されるので、1.に戻る→繰り返し。

負けた場合:②で出た「4」を追加する(1・2・3・4)→両端の数字1と4を足し「5」を賭ける

④勝った場合:1・2・3・4両端2つの数字を消す=全部消されるので1.に戻る

負けた場合:③で出た「5」を追加する(1・2・3・4・5)→両端の数字1と5を足し「6」を賭ける

⑤勝った場合:1・2・3・4・5両端2つの数字を消す=1・2・4・5が消され「3」が残る→1つの数字だけになったので1.に戻る

負けた場合:④で出た「6」を追加する(1・2・3・4・5・6)→両端の数字1と6を足し「7」を賭ける

このように、数列を使って進めていき数字がなくなる(消化させる)か、1つになると最初に戻り以下繰り返していきます。

少しややこしいですね。頭の中で暗算出来れば良いですが、慣れるまでは紙に書きながらをお勧めします。

モンテカルロ法のメリット・デメリットは?

モンテカルロ法のメリット・デメリットは?

【メリット】
・数列を使った攻略法でトータルの勝ちを見るので、1回負けたとしても損失は大きくない
・1回の勝ちで負けた分を取り返さないのでローリスクで済む
・1回の賭け金が多くないので、資金に余裕がなくても出来る
・コツコツと長期で考えながらやりたい人には向いている方法

【デメリット】
・計算方法が簡単なようで複雑。初心者は厳しいかも
・頭の中で計算出来る人以外は、実際のカジノで行うには難しい(理由は下記で)

●まとめ
モンテカルロ法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

勝った時と負けた時で計算の仕方が違いますし、慣れるまでは難しい印象です。しかし、長期戦でのプレイが得意な人にはもってこいの方法ですね。頭で考えながらじっくりやる人の為の方法と言っていいでしょう。

実際のカジノでやるのが難しいというのは、紙とペンを持ってカジノをやるというのはあまり良くないです。経験は無いですが、きっと注意を受けると思います。ですので、このモンテカルロ法を使うなら誰の注意も受けないオンラインカジノで遊ぶ時限定にしましょう。

<<オンラインカジノでお小遣い稼ぎ

初心者にオススメ!ベラジョンカジノ

関連ページ
オンラインカジノで稼げる攻略法
オンラインカジノでお小遣い稼ぎ
マーチンゲール法で稼ぐ
ベアビック法で稼ぐ

猿でも稼ぐお小遣い|簡単なお金の稼ぎ方(お小遣い稼ぎ)

スマホなどのモバイルで閲覧している人は、サイドバーをクリックすると関連記事が表示されますよ♪