ブログライターの仕組み

ブログライターでお金を稼ぐ

「なぜ、文章を書くだけでお金が貰えるのだろう?」と思ったことはありませんか!?

このページでは、そんな素朴な疑問を解決したくブログライター(WEBライター)サイトの仕組みについて解説したいと思います。

仕組みが理解できるだけで「承認率」はグッと上がり稼ぎやすくなるので流し読み程度で読んでおくと良いはずです。

文章を書いてお金が貰える仕組み

ブログライター(WEBライター)のサイトは、皆さんに記事を書いてもらいお金を支払っているということは、購入した記事はどこかに販売しないと利益がでません。

「文章なんかを購入する人はいるのか?」と思うかもしれませんが、購入するお客さんは沢山いて、例えばこんな方々です。

  • ホームページ運営者
  • アフィリエイター
  • ホームページ作成会社

お金の流れとしては、ホームページ運営者やアフィリエイターなどがホームページに必要な文章や記事を文字数やキーワードなどの条件を付けてモッピーワークスなどのブログライター(WEBライター)のサイトに仮に1記事500円で依頼します。

ブログライターのサイトは、依頼された案件の記事を作成するためにライターさんに記事作成を仮に1記事300円で募集し、件数が集まるまで依頼しつづけます。

集められた記事は、ブログライターのサイトによってコピペツールやリライト判別ツールなどを利用し文章に問題ないかをチェックし、問題なければライターさんに作成した文章に「承認」をして1記事300円分のポイントを支払います。

ホームページ運営者やアフィリエイターには、ライターに書いてもらった記事を渡し、お金(仮に1記事500円)を貰うという感じになります。

ブログライターサイトは、仮に1記事300円で書いてもらった文章を1記事500円で販売し1記事あたり200円の利益となります。

1記事あたりの儲けは少ないと思うかもしれませんが、常時どこのサイトも2000~10000記事以上を募集していますので、すべて販売できればとんでもない額になるということです。

これが基本的なブログライター(WEBライター)の仕組みとなります。

この仕組みを理解したからといって「承認率」がグッと上がる訳がないと思ったかもしれませんが、この仕組みの最終的な文章のお客様(エンドユーザー)は、ホームページ運営者、アフィリエイター、ホームページ作成会社と知ることが重要なんです。

ライターさんの最終目標は、高単価の記事を書ける環境に身を置き高給取りになれることが理想的なのでエンドユーザー(ENDユーザー)の満足いく記事を作成しつづければ文章のスキルが認められて、直接、高単価の記事を依頼されるようになります。

実際に多くのライターさんは特別単価として契約していますよ。

<ブログライターでお小遣い稼ぎ!

関連ページ
ブログライターサイト一覧・比較
データ入力作業の副業・内職
お小遣いアプリは安全?危険?
データ入力作業の副業・内職
ブログライターサイト一覧・比較
モッピーワークス

猿でも稼ぐお小遣い|簡単なお金の稼ぎ方(お小遣い稼ぎ)

オススメのブログライター募集サイト

ブログライターを募集しているサイトはネット上に数多くありますので、「安全で稼げる案件が豊富」なサイトに絞って紹介していきたいと思います。

ちなみに安全なブログライターのサイトとは、日本を代表する上場企業が運営しているサイトを中心に紹介していきます。

2サイト程度をおさえておけば案件に困ることはありませんよ!

オススメ第1位の モッピーワークス


【基本情報】
モッピーワークスは、上場企業の株式会社セレス(証券コード3696)が運営しているポイントサイトのモッピー内のサービスの一つです。モッピー登録後に「無料で貯める」というメニューを選ぶとモッピーワークスに参加できます。募集案件も豊富で、初心者は「投稿マニュアル」や「チュートリアル」を参考にするとライター募集案件に参加しやすくなります。中級者、上級者は、ポイント獲得別、カテゴリ別、文字数別から案件を探すと効率的です。ライバル少なめと言えます。

オススメ第2位の げん玉クラウド


【基本情報】
こちらも上場企業の株式会社リアルワールドが運営しているポイントサイトです。「げん玉」サイト内のサービスの一つに「げん玉クラウド」があります。ブログライターの募集サイトとして多くの案件を用意しており、文章作成に飽きたら「げん玉」内の企業広告やサービスに無料登録などしてポイントを稼ぐこともできます。ライター案件のポイントと合算できるので便利です。(モッピーもできます)ポイントは10=1円換算なので勘違いしないようにしてください!

オススメ第3位の シュフティ


【基本情報】
株式会社うるるが運営しているシュフティは、お仕事マッチングサイトでライターやライティング業務全般、データー入力などのお仕事を探すことができます。ライター案件も豊富ですが、他にも企業や個人が募集している事務作業、翻訳、コピーライティング、リライト、内職なども多数用意してあります。入金もマッチングサイト経由なので全く問題ありません。スキルある人には特にお勧めなのでモッピーワークスやげん玉クラウドに慣れてきたらチャレンジしてみよう!

オススメ第4位の shinobiライティング


【基本情報】
株式会社サムライファクトリーが運営しているshinobiライティングは、ライティング専門のサイトで常時ライターさんを募集しています。フレーズは「時給1000円以上も可能です!」なので案件数は豊富で、自分好みのジャンル、テーマを選んで文章作成ができます。モッピーワークスやげん玉クラウドほど書きやすいテーマはありませんが、競合する人が少なめなので、一度無料登録して記事を書いてみましょう!

オススメ第5位の ココナラ


【基本情報】
株式会社ココナラが運営しているクラウドソーシングサイトで、簡単に言えばシュフティ同様のマッチングサイトです。ライティングのスキルの高い人は、このサイトに登録し誰かが自分のスキルを求めてくるのを待ちましょう。スキルに自信あれば金額なども自由に設定可能です。依頼が入らないと全く稼ぐことができないので登録して徐々に経験を積みながら自分のファン(お客)を増やしていく感じになります。