アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトというキーワードを目にしたり耳にする機会が増えましたし、働きながら稼げる副業と言うと必ず挙がってくるアフィリエイトとは何か気になっている方も多いです。

アフィリエイトという言葉の意味は「加入する」「提携する」「関係する」というような意味を持っており、副業として行うアフィリエイトに関しては「提携する」というキーワードが最も近い意味合いになってきます。

成功報酬型広告とも表現されており、結局難しい言葉が並んでいてよく解らないという方が居ます。

アフィリエイターの役割

例として挙げると広告主であるA社がある商品を開発して販売したとし、商品が売り場にあったとしてもその魅力に気がついてもらえないと購買者はお金を出す事はありません。

もちろん、A社の売上も利益も上がりませんよね!?

そこでA社と購買者との間に入って魅力を伝えて売る役割を担うのが「アフィリエイターです。

もちろんA社の商品と購買者を結び付ける時に、間に入るアフィリエイターはA社と「提携する」必要があり、その提携した状態でアフィリエイターがA社の商品を売れば成功報酬が支払われるという仕組みになっています。

広告主が販売するサービス(商品など)と購買者を結び付ける仲介役を担う事がアフィリエイターであります。

具体的にアフィリエイターが何をするかというと、アフィリエイターが運営するサイト等で広告主の商品をアピールし、サイトにアクセスしてくれた訪問者(お客さん)がそのサイトの記事を見て商品の魅力に気がつき購入に至るように促す事がポイントになります。

ですから広告主である企業側としては商品宣伝を行ってもらえるメリットがあり、アフィリエイターは報酬を得られるという利点があるという事です。

アフィリエイターは商品を直接売る必要はなく在庫を抱える必要も無いので初期投資費用も殆どかからずに行える副業になっています。

ASPとは!?

企業の商品を宣伝するには広告を載せる媒体をアフィリエイターが持つ必要があり、これはブログやホームページ、メルマガ、動画等様々なメディアを駆使して行います。

企業と提携する為にはASPに登録して、そこで広告を選んで商品サービスの魅力を伝える活動に入ります。

ASPはアフィリエイトサービスプロバイダーと言われており、サービスを売りたい企業がASPに広告を出しており、その広告をアフィリエイターに選んでもらうという形です。

つまり、ASPは企業とアフィリエイターを仲介させる役割がありますし、アフィリエイターはサービスと購買者の仲介させる役割があります。

アフィリエイトの報酬はサービスを販売出来た時だけではなく、資料請求された時、無料のコンテンツをダウンロード、他にも無料会員登録して貰った時等でも報酬が発生します。

アフィリエイトはASPの仲介を経て、サービスと購買者を結び付ければ収入を得られるのです。

<アフィリエイトでお小遣い稼ぎTOPへ戻る

関連ページ
お小遣いサイトの稼ぎ方と詳細、口コミ、評判

猿でも稼ぐお小遣い|簡単なお金の稼ぎ方(お小遣い稼ぎ)