アフィリエイトとは!?

アフィリエイトとは、インターネットでお金を稼ぐことができるサービスの総称ですが、稼ぎ方に関しては、以下の方法があります。

  • 自分のブログやサイトに広告を貼って稼ぐ
  • 商品紹介レビューをブログに書いて商品購入をしてもらい稼ぐ
  • ネットの広告代理店から好きな広告を選んで、ブログやサイトに貼り付けて稼ぐ

クリック報酬のアフィリエイト

1は「グーグルアドセンス」や「マイクロアド」などの広告配信サービスに自分から登録をしてアフィリエイトで稼ぐ方法です。

クリック報酬です。

ブログやサイトに生成されるコードを貼り付ければ自動的に閲覧者に向けた広告が配信されてくるので、訪問者の方が興味が湧いた広告をクリックします。

すると、あなたにアフィリエイト報酬が入るというシステムのことです。

これには多くの閲覧者数が必要ですし、ブログやサイトの価値がすべてを決めますので、自分の興味のあるジャンルでまずはブログやサイトをつくり、ある程度のアクセス数を稼いだら収益化の道を探るという方法が良いでしょう。

成果型報酬のアフィリエイト

2はおもにネットショップのAmazonや楽天などで提供しているサービスです。

たとえば、あなたがある本に感銘を受け、その感想をブログで書いたとします。

そのときにAmazonや楽天から本の画像コードを持ってきて、サイトに貼り付け、そこから訪問者が本を買ってくれれば、紹介料という形であなたにお金が入る仕組みのことです。

しかし、これには多くの商品に興味を持ってもらい、「買ってもらう」という行為が必要となります。

自分で売る必要はないのですが、「この商品はおすすめですよ」というリンクを貼るところから始めるため、ブログ・サイトを持っていない人はできません。

また、商品の選択眼も試されるため、ただ単に商品紹介をしていれば自動的にお金が稼げるというものでもありません。

普通のアフィリエイト(多くのアフィリエイターが利用)

3は1で述べたような「自動的な広告配信サービス」ではなく、ネット上の広告代理店(ASP)である「アクセストレード」や「A8ネット」などに登録し、自分で貼りたい広告を選んで掲載する方法です。

自分のブログやホームページに関係した広告を選ぶことで成果や承認、クリック率が上がります。

自動配信されないため、特定の広告に絞った配信が可能ですが、広告配信の期間が終われば自分で広告コードを消さなければいけなかったり、新たな広告契約をサイト上で行うため、多少面倒な操作が必要となります。

アフィリエイトの種類のまとめ

Amazonや楽天のアフィリエイトは最もポピュラーなもので、「この商品がいいな」と思ったらすぐにそれをブログやサイトで紹介でき、そこからその商品を買ってもらえれば紹介料がもらえるので、誰でも参加できるのが魅力です。

しかし、そこには実際の商売と同じく、商品の選択眼や記事の書き方、サイトのデザインなど、勉強することは山ほどありますので、まずはASPに登録して良いサイトづくりをすることから始めてはいかがでしょうか (^_^)/

<アフィリエイトでお小遣い稼ぎTOPに戻る

関連ページ
お小遣いサイトの稼ぎ方と詳細、口コミ、評判

猿でも稼ぐお小遣い|簡単なお金の稼ぎ方(お小遣い稼ぎ)