ブログの記事の書き方

SEO対策に効果的なブログ記事の書き方

ブログの記事を書くことは誰でもできますが、SEO対策に効果的な書き方はちょっとしたコツがありますので基本的なブログ記事の書き方についてのお話です。

ブログの記事を書く前には、必ずこのページはどのキーワードで上位表示したいのかをイメージすることは重要です。

ページのキーワードをグーグルの検索エンジンのアルゴリズムに正しく教えることが必要です。

もしくは正しく読み取ってもらうことが重要です。

正しく記事を読み取ってもらえなければ上位表示できないとか、別のキーワードで上位表示したりとかの問題が発生してしまう恐れがあります。

別のキーワードで上位表示したならばまだ良いのですが、それは正しくブログ記事を書く能力に欠けているとも取れます。

コツはH1タグ、H2タグ、H3タグ、強調する文字(太字)と普通の文字を使い分けて文章にしていくことでグーグルに教えていくという方法です。

基本的な記事の書き方なので基本は基本としてマスターしておきましょう!!

H1タグ、H2タグ、H3タグ、強調する文字の使い方

H1タグ、H2タグ、H3タグ、強調する文字の使い方

H1タグとはHTMLソースで見ると<h1>~~~~</h1>と記述するもので~~~~内に文字を入れることでタイトルの次に重要なキーワードとしてグーグルのアルゴリズムは読み取ります。

当サイトはCSSですのでH1タグの文字は小さいですがCSSを利用しないと大きな文字になります。

ページタイトルの次に重要なのでページ内の重要なキーワードは必ず含めてフレーズとして文字を書いていきましょう。

ページタイトルが「グーグルアドセンスで稼ぐ」なら「グーグルアドセンスで稼ぐ方法を徹底解説」なんて感じで問題ありません。

H2タグ、H3タグの使い方

H2タグもHTMLソースで見ると<h2>~~~~</h2>と記述するもので~~~~内に文字を入れることでH1タグの次に重要なキーワードとして読み取ります。

H2タグはH1タグのキーワードに関連するキーワードを記述したりH1タグのキーワードを含めながら言葉を発展させるような感じで使用するとH1タグのキーワードに深みが出てきます。

先程の「グーグルアドセンスで稼ぐ方法を徹底解説」を例にするとH2タグは「グーグルアドセンスとは何?」「グーグルアドセンスの収入」「アドセンス狩り」「クリック報酬で稼ぐ方法」「アドセンス基本単価」「アドセンスの審査」なんてキーワードや言葉を利用してこのページは「グーグルアドセンスについて詳しく説明しているのだ」とグーグルに強く訴えかけることでうまく読み取ってもらえます。

H3タグについては深く考える必要はないと思えますので関連する用語ならなんでも問題ありませんし使用する必要もないと思えます。

強調する文字についてはグーグルアドセンスで稼ぐ方法を徹底解説のような太字を利用しますがこの文字だけで検索エンジンが拾うことがありますので人気用語以外なら利用する価値があります。

太字はどちらかと言えば訪問者や閲覧者にわかりやすく解説する為の手段として利用するぐらいで問題ないと言えます。

とにかく重要なのはページタイトル、H1タグ、H2タグですので重要なキーワードや
関連するキーワードを盛り込んでキーワードに深みを出すように工夫していきましょう!

<アフィリエイトでお小遣い稼ぎTOPに戻る

関連ページ

猿でも稼ぐお小遣い|簡単なお金の稼ぎ方(お小遣い稼ぎ)