外部リンクの重要性

外部リンクの重要性

アフィリエイトで稼ぐには SEO 対策が大切とお話しましたが、その中でも外部リンクの重要度の割合は非常に高くなります。

外部リンクとは自分のサイトに他のページからリンクされることを指し被リンクなどと呼ばれますがお互いのサイト同士に外部リンクを増やすための相互リンクも一つの外部リンクといえます。

外部リンクで忘れてはいけないのがリンクポピュラティーと言う言葉です。

リンクポピュラティーとは他サイトなどの外部からのリンクをもらうことで人気度があるということを示しており、グーグルではページランクなどで表示されています。

ページランクとは0~10までで表示され新しくサイトをインターネット上に乗せた場合はページランク0から始まり、徐々に外部からのリンクをもらうことによって標準のページランク4から6程度になっていきます。

この標準的なサイトになると比較的にサイトとしてグーグルの検索エンジンから認められておりサイト運営も軌道に乗っている証とも言えますのでとりあえずはページランク4以上にさせていきましょう。

ちなみに日本ではページランク10のサイトは一つしかありません。

このページランクが高いサイトは狙うキーワードの上位表示もグーグルの検索エンジンでは可能となりアフィリエイトでお小遣いを稼ぐどころかサラリーマンの給料以上の収入もありえます。

手っ取り早くディレクトリ登録が一番

ページランクを上げるにはディレクトリ登録

ページランクを上げるには、前回お話したようにお金で解決するディレクトリ登録というものをお勧めします。

ディレクトリ登録は、大手のポータルサイトからの外部のリンクをもらうことができるのでアクセス数が増えます。

当然、アクセスが増えるので若干のお小遣いを稼ぐことができますがそれぞれのページのキーワードが徐々に上位表示していきネットユーザーに自分のサイトをアピールすることができお気に入りに
登録されたり、外部リンクをもらう確率も上がりページランクも比較的早く上がっていきます。

昔は相互リンクというもので上位表示が可能でしたが、リンクの量よりも質が重要性を増してきておりディレクトリ登録などのポータルサイトからの質の高いリンクは検索エンジンで評価されます。

検索エンジンで評価されるということは、上位表示されやすくなりお小遣いを稼ぎやすくなるということです。

内部リンク対策も重要

内部リンク対策も重要

内部リンク対策とは自分のサイト内のページとページをつなぐリンクのことでページ数が多いということはこのリンク数も増えサイトのトップページへのリンク数も増えていきます。

内部リンクよりも外部リンクの方が重要度が高いですが内部リンクもリンクされているページへポイントが加算されると言われていますので、ページ数を増やすことによってトップページの重要キーワードの上位表示も徐々に上がっていきます。

個人的な意見として短期間でサイトを作成しページ数を増やしていくことである程度のキーワードではほとんど上位表示されています。

およそ200から300ページのサイトを半年間くらいで作成し完成すれば上位表示しておりサイト作成やページ数増加は苦痛ですが、そのあとにアフィリエイト収入が増えるという現象が起こります。

100ページ前後のサイトならばディレクトリ登録してお金で解決した方が早いかもしれません。

<アフィリエイトでお小遣い稼ぎTOPに戻る

関連ページ
ポイントサイト・アフィリエイトの注意”不正はばれる!”

猿でも稼ぐお小遣い|簡単なお金の稼ぎ方(お小遣い稼ぎ)