即金や即日入金する方法

こんにちは!お越し下さり、ありがとうございます。

タイトルにもある『携帯決済の現金化』は、もうご存じだと思います。

大手3キャリアとも提供している決済サービスなので、どのキャリアを契約していても現金化は可能です。そして何といっても、やはり簡単に現金化出来ることが大きな利点。お金が急に必要になった!という人には最適の方法です。

【参考サイト】

携帯キャリア決済を現金化する方法

 

しかし、お金が急に必要=消費者金融に頼るという人も少なくありません。

今回は何故、消費者金融よりも携帯決済現金化の方がオススメ!なのか?比較して検証していきたいと思います。

良いイメージをお持ちの人はあまりいらっしゃらないとは思いますが、改めて消費者金融を利用するデメリット(良くない点)を挙げていきます。

そして、その後に携帯決済現金化についてのメリットを記載していくので、携帯決済現金化がどれだけお勧めなのかを理解して頂ければ幸いです。

それでは前置きはこの辺りにして。早速本題にいきます!

 

消費者金融のデメリット(アコム、プロミス、レイクなど)

消費者金融で借金する男性

アコムプロミスレイクなどの消費者金融・・つまり借金ですね。

闇金とは別物なので誤解しないようにして下さい。闇金は、違法な金利でお金を貸している業者のことで、消費者金融とは全く違います。その点をご理解下さい!

先ほども言いましたが、消費者金融=悪いイメージしかない人がほとんどではないでしょうか。

そのイメージ通り、消費者金融は利用しないに越したことはないです。これは断言できますね。何故、断言できるほどなのか?理由を以下に何点か挙げますので、読むと「確かに」と納得して頂けるはずです。

金利が高い!

真っ先にデメリットを挙げるとすれば、この点でしょう。

住宅ローンや車のローン、奨学金などの目的があってのローンはまだ金利は抑えられますが、これ以外(つまり目的別)でお金を借りる時の金利はものすごく高いです。
闇金ほどではないですが、それでも上限18%は異様な高さだと思います。

18%という率はグレーゾーンが撤廃されての金利ですが、銀行のカードローンと比べても一目瞭然ですね。

知らず知らずのうちに金額が膨れ上がりやすい

上記の金利の高さにリンクする部分があるのですが、金利分(利子分)を返すので精いっぱいという事態に陥りやすいです。

仮に月々の返済額が少なかったとしても、元本分を返さなければ意味がありませんし、借り入れの期間が長くなればなるほど支払う額も大きくなることを忘れてはいけません。

月々の返済額が少ない=完済に時間がかかる

上記のデメリットと似ていますが、確実に無理なく返せるように月々の返済額を少なく設定したとしましょう。

とても良いことなのですが、その分完済に時間がかかります。ずーっと返し続けているのになかなか完済出来ないというストレスも感じることでしょう。
日常生活に支障をきたす場合も出てきたり、今度はまた違うところからお金を借りてしまう・・という事態にも陥りかねません。

すぐに借りれる分、借り過ぎてしまう

消費者金融は銀行系のカードローンとは違い、審査はそこまで厳しくないですし借入金額が少なければ収入証明などは不要。定期的な収入があれば主婦の方やアルバイトの方でも、簡単に借りることが出来てしまいます。
その便利さ(借りやすさ)が逆効果となり、ついつい借り過ぎてしまい・・1-2.のような知らず知らずのうちに金額が膨れるという事態になってしまうのです。全て繋がっていますね。

住宅ローンが組みにくくなる!

今からマイホームを・・と考えている人は要注意です。住宅ローンを組もうとする時は、他に借り入れがないかというのを必ずチェックされます。

少額であっても消費者金融で借りているだけで、「この人は支払いが2か所(消費者金融・住宅ローン)になるが、本当にきちんと返せるのだろうか」という疑問を持たれます。金額は関係ないのです。
住宅ローンは金額が何千万円と大きいですから、貸す側も慎重になるのは当然のことですね。もし住宅ローンを組む予定がある人は、消費者金融での借り入れを完済してからにしましょう。

 

携帯決済現金化のメリット

携帯決済を現金化するメリット

消費者金融でお金を借りるのは敷居が低く借りやすいメリットもありますが、基本はこういったデメリット部分がほとんどです。

では、携帯決済現金化はどうなのか?見てみましょう。

【関連ページ】

携帯キャリア決済で即日入金する方法

携帯決済現金化は借金ではない

携帯決済現金化というと何か危険ではないか?というイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、決してそうではないのです。

携帯決済現金化の仕組みは、携帯決済で「Amazonギフト券を購入→買取サイトにて買い取ってもらい」現金化する方法です。

つまり、実際に換金する物はAmazonギフト券で、携帯決済はあくまで決済手段です。

携帯決済で買った物を現金化したので=携帯決済が現金化出来たと言うわけ。
このことから、携帯決済現金化が借金ではないことが分かったと思います。消費者金融と比べるまでもなく「リスクは限りなく0に近い」と言って良いでしょう。

金利無し!

携帯決済現金化は、このように購入したものを換金することでお金を作ります。ですので、消費者金融のように金利等は必要ありません。

購入した分の代金は支払う必要がありますが、これは買い物と同じ。

携帯決済なので後払いにはなりますが借金ではないですね。
携帯決済で買うのに数百円の手数料を取るネットショップもありますが、これは金利ではないですよね。商品代金と一緒に請求されるだけの物です。

Amazonギフト券でなくてもOK!

先ほどはAmazonギフト券を例に出しましたが、携帯決済で買えるものであればAmazonギフト券でなくても良いのです。

例えばですが、最新のゲームソフトであったりブランド品であったり・・換金性のある物なら何でも携帯決済現金化出来るのが大きなメリットだと思います。

【まとめ】即金できる!消費者金融より携帯決済現金化がオススメ!

現金化して即日入金

お金を作る、という点では全く一緒である消費者金融と携帯決済現金化。

しかし、消費者金融を使ってお金を作ることがいかにリスキーなことかお分かり頂けたのではないでしょうか。

携帯決済現金化ならば、一か月に使える金額も決まっているわけですから、計画的に購入し現金化出来ます。

どちらが優れているかは分かりますよね。お金が必要になった時は、消費者金融ではなく携帯決済現金化でどうぞ!